精神的なバランスが崩れないように、心を休ませよう

うつ病の薬と休暇

ゆっくり休息をとること

うつ病になるとマイナスの思考が膨らんでしまい生きていることさえ面倒になってしまうこともあります。そして正常な判断が出来なくなってきてしまうのです。この状態のままでいると状況は悪化するだけですから、出来るだけ病院へ行き診断してもらうことが大切になります。うつ病になると仕事にも支障が出てきます。治療をしなければ働くことも困難になるので、生活のためにも治療をしましょう。うつ病は治らない病気ではありません。しっかりと適切な治療さえ行えば完治することが出来るのです。ですから諦めないで治療に専念しましょう。うつ病と診断されたら自立支援制度を使用することが出来ますから医療費の負担も軽くなるので生活が苦しい方は申請しましょう。

適切な治療を受けましょう

うつ病は治らない病気ではありません。治療を行えば完治させることが出来るのです。そのためにもカウンセリングなどを受けてまずは考え方を治さなければなりません。うつ病の共通点としてはマイナスでネガティブになってしまい、情緒不安定に陥ってしまうことがあるので、そこから矯正する必要があります。症状が悪化してくると通院だけでは状況が良くなりませんから、長期入院が必要な場合もあります。治療に関しては症状や度合いによって異なってきますから、人によって違うと言って良いでしょう。そして抗うつ剤においては効果が出るまでに多少時間が掛かってしまいますから、焦らずに気長に治療することが一番の改善への近道とも言えるのです。

うつ病の兆しを感じたら

現代社会にとって、うつ病は切っても切り離せない病気です。 うつ病の主な原因は、過度なストレスです。 しかしそのストレスは取り除くのが困難なものも多くあり、 知らず知らずの間に病が進行していきます。 うつ病の特徴的な症状の一つに、何をしても楽しいと感じられない、虚無感があります。 虚無感から身体を動かせなくなり、さらに肩コリや頭痛などの症状に発展することもあります。 それだけではなく、胃の不調や息苦しさ、全身が締めつけられる感覚などの身体的な不調も引き起こしますので、 まずはストレスを貯めない生活を心掛けるのが大事です。 日常の些細なことで構いません、アロマオイルを焚く、軽く散歩をするなど 自分の心が喜ぶことをしてあげましょう。

治療の要は抗うつ剤の投与

それでも気分の落ち込むことが続く場合、早めに専門医に相談して治療を行って下さい。 治療の流れは、うつ病の進行具合により異なります。 主に「急性期」と「回復期」に分けられ、 急性期には薬を投与し、その後数週間かけて様子を見ていきます。 この段階で、投与した薬が効いているのかどうかを判断します。 その後は回復期に移ります。 この段階では、薬が効いて虚無感もなくなっていることでしょう。 しかし、ここで治ったと判断して薬をやめるのはいけません。 うつ病には再発も多いため、与えられた薬は必ず服用し、治療を進めるようにして下さい。 担当医と相談しつつ、自己判断せずに完治を目指しましょう。 うつ病治療の要は抗うつ剤です。 正しい投与が必要ですので、医師との信頼関係を築きましょう。

Menu